医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
ついにリナザウを購入することになった。まったく知識は0だけど、少し触ってきた感触は悪くない感じ。どれぐらい使えるものになるのか、少しずつ検証していこう( ´θ`)ノふぉ
とりあえず、広辞苑やジーニアスが標準装備なので、最低限は確保しているわけだから安心といえば安心ではある。後メモ機能としてもすでに使い方は理解したしねw
レベル低い…w
小型のノートパソコンを直に見に行ってみたが、以外と使いにくそう。店頭にならんでいたものが熱くて、これじゃあポケットに入れておくわけにはいかないな…。この前のコメントでは時期尚早ということになったが、一応確認のためにと昔から仲の良い店員さんと話をしたところ。小型のノートは持ち運びには便利だけど、ポケットにいれて運ぶとなると話は別で基本的にそういう利用には適していないと言われてしまった。元々用途が違うと考えた方がいいとも。小型は持ち運びが便利になるが、打ち込みもかなり不便で使いにくいのではないか?慣れるまで時間がかかるよとも。なるほど…仰る通り。
では、PDAは?現在のところ、リナザウがベター。Windowsユーザーには最初は厳しいし、ソフトの互換性でとまどうこともあるけど、汎用性も広くやる気になればなんでもできると。
確かに…現在はちょっと休止しているサイトには俺がやりたかったことを全部やっている人がいる。やれる可能性があることははっきりしている。そういう意味でも最初は全部できるとは言わないが、可能性はあるのか…。買う前に、Windows上でLinuxを立ちあげて使えるソフトを検証してみた方がいいとも言われたが…Linuxをどうやって動かすのだ?ちっ…レベルが高いな。まあ、ぼちぼちやっていくしかないか…。
なんとか使えるのもにできないかとあれこれ検討してみたが、どうもリスクの方がでかいみたい。
アプリケーションが充実していない以上、数万円投資して購入するまでもないと思われる。現在のところ購入して持ち込む価値なしってところか。
どうせ一度は読まないといけないので、イヤーノートを自分で打ち込んで作っていこうかって話も出たけど、どのアプリケーションで使えば効率がいいのかも不明。折角打ち込んでも検索一つできないのなら意味がないからね。購入してからあれこれ試してやるのも辛いところだから、最終的には見送り。SONYのCLIE撤退が大きくのしかかる。量販店でもいつの間にかPDAが姿を消し始め、かろうじて生きているのがシャープのザウルスぐらい。
シャープのザウルスは使えそうだけど、リナックスを今から覚えるのも大変だからあきらめモード。
最終的な結論としては、メビウスノート PC-CV50FVAIO VGN-U50
などの小型ノート方が使い勝手が上だろうという話になった。問題点は起動時間とバッテリの持ち時間。その2点だけが問題になったが…結局時期尚早かも…
http://akimichi.homeunix.net/~emile/aki/medical/
ここに電子医学ノートのページがある。Akiさんという人のページだ。もし、これがPDAで使えるならPDAを買う価値は一気に上がるなという話になってきた。
単純に使うだけなら、ページそのものをダウンロードさせてもらいブラウザでみればいいのだが、それよりもむしろこれを土台に使えるものにすればいいのではないか?自分自身の整理を含めてやればそれなりに勉強にもなるはず。どうだろうか?少し検討しながらやってみよう( ´θ`)ノふぉ
http://h50146.www5.hp.com/products/handhelds/pocketpc/hx4700/
HP iPAQ hx4700 Pocket PCを買うかどうか悩んでいた。急に調べたいときに手元にメモの代わりになるものがあると便利だと思っていたから。
ただし、初期投資として8万円近くかかること、ソフトがそれほど充実しているのかわからず、充実しているとしてもPCですでに購入してあるソフトに再び数万円の投資をするのもかなり厳しい。とりあえず、ソフトはすでにPCでは持っているものをなんとか利用できないものだろうかと思っている。kieと言われるソフトによって変換できるということだったので、今日の診療を変換してみようと試みているが、
かなり大変!!
治療指針の第6章までを作ってみたがそれだけでもすでに1時間半ぐらいはかかってしまった。全部で28章+αだから、治療指針だけでも8時間近くかかることになる見込み○| ̄|_
全部を行ったらいったいどれだけの時間がかかることになるか…
リスクがでかすぎるので、購入を中止するつもり。
PDAを購入してしまったら、さらに覚えるという作業を怠ってしまう…とありきたりの言い訳を自分にして購入は見送りだな(*´ー`) フッ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。