医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、Apacheとphpの導入が終わったところで、これらを使用可能なように設定します。
Apacheの基本的な設定は「httpd.conf」で行います。
「C:\Program Files\Apache Group\Apache2\conf\httpd.conf」をテキストエディタで開きます。
テキストエディタは私はK2Editorを愛用しています。

さて、まずは173行目(行数は変更があるかもしれません、以下同様)に「LoadModule php5_module C:/php/php5apache2.dll」を追加します。
さらに、228行目でDocument Rootを設定します。これはWeb上に公開する.htmlファイルや.phpファイルを置いているフォルダを指定します。
わからなければ「C:/Program Files/Apache Group/Apache2/htdocs」としておきます。
そして、「.htaccess」ファイルを使用可能にするために、
274行目を「Allow Override None」から「Allow Override All」に変更します。
321行目を「DirectoryIndex index.html index.php index.html.var」と「index.php」を追加します。
624行目付近で、「DefaultLanguage ja」として日本語を規定の言語に設定します。
692行目付近で、「Language Priority」は「ja」が先頭に来るようにします。

さて、あとはphpはスクリプトだよとApacheに認識させるため、756行目付近に
AddType application/x-httpd-php .php
AddType application/x-httpd-php-source .phps
と加えればApacheの設定は終了です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/52-f993d6cd

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。