医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
前回は他のサイトを利用するという少し後ろめたい気がする方法を紹介してしまいましたので、今回は真面目に自分達で何か作りたい方むけの方法を紹介します(^o^)

自分で診断基準をまとめるときはhtml出力して、電子教科書を作ればいいのですが、htmlを自分で書けない人、ホームページビルダーの使い方も・・・な人には綺麗にテーブル出力するなどけっこうな到達点です。
しかもhtmlを書けたとしても毎回まいかい、あの
<TABLE><TR>......
と一生書き続けるのは何か労力の無駄なような気がします。

このときに役立つのがまたまたperlスクリプトです。
tabler.plを使ってみましょう。
何か診断基準が欲しい方のためにアメリカリウマチ学会が掲げているリウマチの診断基準のファイルもあげておきます(注:私の乏しい知識の限りなので、この診断基準を用いてリウマチを見逃した等の苦情は一切受け付けません。自己判断にてご使用ください。)。

tabler.plを起動し、
例えば「ra.txt」とうちこみエンターキー。
「ra.html」とうちこんでエンターキー。
これでテーブルを使用したhtmlファイルが作成されます。
ちなみに、くぎり文字には半角コンマ「,」を利用しているので他のファイルでもいけると思います(何行何列あろうが一応テーブル表示にはなるはず・・・!?)。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/49-1fe20469

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。