医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
さて、ザウルス(以外でもそうなのですが・・・)落としたhtmlファイルの閲覧にはブラウザー(Windowsではインターネットエクスプローラー等がこれに当たる)が必要になります。
ザウルスに元々付属しているものでもいいのですが、ツールバーが大きい、細かな操作感がない等の欠点があります。

ここでは思い切って「Opera」を導入してみましょう。

Opera7 on LinuxZaurus SL-C860
の記事を参考にしながらOperaを導入しましょう。
要約すると、
1)Opera本体
2)Opera7を日本語表示可能にするパッケージ
3)qshdlg
の3つを入れればOKです。

そしてザウルスをUSBにつないで、落としたファイルを
「/hdd3/Documents/Web_Files/」以下に保存すると良いでしょう。
Operaの設定ですが、
「General preferences」で「Default layout mode」を「Traditional」にします。
そして、落としたファイルのトップページをホームに設定すると良いでしょう。私は複数のサイトを閲覧するために、自分でhtmlを編集して、リンクを付けていますが、これは便利です。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/48-c9663666

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。