医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
購入後はじめて現場で使う機会ができました。今までは外科の方で学んでいたため、ほとんど使用の機会がありませんでしたが、内科ではそれなりに活躍の場があります。
まだ、充分に電子カルテも普及していないところでは、メモとして書き残しまとめとして使うのにも役立ち、薬剤の使用方法の確認などにも使えます。
特に学生にとっては、レポートをその場で作れるというありがたい特典もあります。パソコンと連動させて使えば、価値があるのではないでしょうか?
それともし赤外線通信などでパソコンとサマリーの連動ができるシステムがあればさらに活躍の場が広がるような気がしています。
どうでしょうか?他に使用者の意見があれば教えてください。
スポンサーサイト

私は病棟実習でSL-B500を使っていますが、メモなどではむしろ手書きの方が早いので、そういう使い方はあんまりできていないです。むしろ、英辞郎や医学略語辞典を入れたり、あとは簡単な病気についてのサマリーを入れたりして、辞書的に使うことのほうが多いかと思います。できれば、Lab Dataや患者の病名とウィークリーサマリーくらいを管理することができればいいのですが、なかなかそこまで至ってはいないですね。

2005.06.22 00:11 URL | UTIM #mQop/nM. [ 編集 ]

UTIMさん始めまして。
貴重なコメントありがとうございますm(_ _)m
辞書は確かに役に立ちますね(^^)

Zten改+Pdrugで見たこともない商品名の薬が出た時には大変重宝しています。
今度時間があればd-codeをEPWING形式に変換してコード名検索ができるようにしようと思っています(外来で薬のコードだけがわかるものを患者様が持参されることがあるので・・・(^^;))。

LabDataの管理はMobileSheetでは確かに少しやりにくいです。
画面大きいのにツールバー等で占拠されるとどうも目が・・・○| ̄|_

またよろしくお願いしますm(_ _)m

2005.06.22 00:44 URL | W #SFo5/nok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/39-155def1a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。