医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今までは、最初の辞書ファイルがcsv形式を想定していましたが、
タブ形式で区切られたファイルの場合は以下のスクリプトをお使いください。

convert1b.pl

後、一部のコンピュータの日本語変換システム(ATOK等)では今まで使っている辞書をそのまま使える場合もあるようです。Justsystem社のAtokの場合(当方ver.16、windows版を仮定して説明します)、タスクバーのアイコンから「辞書メンテナンス」→「辞書ユーティリティー」とすすみ、「一覧出力」のタブをクリックします。出力するATOK辞書に自家製の辞書セット等を選択し、実行ボタンを押せばタブ形式のファイルで出力出来るようです。
スポンサーサイト

研修医1年目keke20といいます。
はじめまして。
私も学生時代よりqpoboxをzaurus(sl-c760)にて愛用しています。
医学用語変換辞書canada式をstaticdicに変換したものを使っています。
情報交換データ交換が出来たらよいなと考え書き込みしました。
國家試験勉強もがんばってください(^o^)それでは

2005.06.05 00:54 URL | keke20 #- [ 編集 ]

keke20さん初めまして。
僕たちがZaurusを購入するきっかけがkeke20さんのページだったので連絡をくださったことを嬉しく思います。
情報交換、データ交換はこちらからもお願いしたいところです。

2005.06.05 10:45 URL | ゲン #- [ 編集 ]

サイト閉鎖をしてしまい、ご迷惑おかけしています。
HPを参考にしてzaurusを購入された方には到達目標が消失してしまった様な不安感を持たせてしまったかもしれません。
そのため最近の近況を含め今後の発展方向に関して少し報告を書かせてください。


実際臨床現場に出て感じたことは
”電子カルテによりパソコンが目の前にありPDAを使う機会があまりない”
ということです。

現在の環境として
研修医室につないだノートPCにサーバーを立てて
mysql+phpでつくられたmamboというwysiwygなノートに
臨床経験したコトを現場でメモしています。
なぜPDAが活躍しえないのか理由は以下の3点です。

①先輩のオーダー情報をメモするのにコピペは大活躍です。zaurusにて書きこむのは二度手間になります。
また一方で、オーダリングシステムの中にも過去の処方雛形を記憶する機能もあり、いざ処方をするといった時には
そこから展開したほうが断然速いです。

②医薬品添付文書もオーダリングシステム上に組み込まれていて投薬量、回数、保険適応を確認するには広い画面で(オーダリングPC)確認したほうがよいです。

③zaurusでそのまま使っていた今日の診療、ハイパー臨床内科もノートPC内サーバーに移行し、電子カルテ上ブラウザで閲覧したほうが断然見やすいです。

以上より臨床現場でzaurusの活躍できる面は簡易な医学英語辞典、患者サマリー、Schedule、PCを使えない状況(カンファetc.)での調べ物になっています。

学生時代には目の前にPCがある環境ではないので、zaurusにて医療系server環境を構築し、
医師になってノートにデータ移行という手段を御勧めします(^-^)

2005.06.05 11:30 URL | keke20 #- [ 編集 ]

勉強になります。疑問に思ったこととしては、今日本の医療機関の電子カルテの普及率とそのソフトウェアのことです。
臨床実習で外の病院をいくつか見たところそれぞれが独自の電子カルテを利用しておられ、その標準化はまだまだ先の話のように感じました。その中で3つの指摘がどのような位置になるのかが僕には想像できなかったです。

現在、僕の知る範囲では医療現場で使えるソフトがZaurusにはあまり存在していないと思います。その中で、もっと臨床現場で必要となるソフトとはなにか?クリエが臨床で好まれて使われる理由はなにか?そのような必要となるソフトをプログラミングすることは可能なのか?また、プログラムするために必要な環境はなにか?
完全にWindowsユーザーとしてやってきて、Zaurusを除けばWindows以外の環境がない状態で選択する言語はJavaが使いやすいのか?などいろいろな悩んでいます。

メインの管理人が少し体調を壊しているので、理解不足の僕がコメントすることをお許しくださいm(_ _)m

2005.06.06 08:36 URL | ゲン #SFo5/nok [ 編集 ]

すいません、一応「メイン」と揶揄されている??管理人Wです。
keke20先生へのコメントに対するお礼が遅れて申し訳ないです。

1)のご指摘に関しては、ザウルスにてカルテソフトが未だ開発されていないことが理由にあげられるかと思います。IQNOTEは有望なソフトですが、メモ書きの域は出ていないと思います。Apache + perlでカルテシステムを組めばいいのでしょうが、それはそれで処理速度が心配です(某病院ではcgi形式にて電子カルテシステムを構成していましたので、これは十分可能かと思います)。

2)のご指摘に関しては、全くその通りであり、電子カルテ導入済みの病院でザウルスが立ち入れる範囲は狭いと思います。

3)に関しては、勤務先の病院のパソコンに関する規制が焦点になるかと思います。規定以外のソフトは使うなというスタンスのところででしたら、ザウルスは有用かもしれません。

あと、付け足しとして、臨床現場で、例えばベッドサイドでザウルスを使おうとするのは些か違和感を感じるというか、まだまだ馴染めないところがあるということです。患者さんの目の前で主訴をザウルスにてメモするというのは、何かこそこそと書き込んでいるようで不信感をもたれかねないなぁと痛感しています。看護師さんなどが「情報源入力」として利用されるならBluetooth搭載のhx4700なんかの方が有用なのではと思ったりしています。

keke20先生の勤めておられる病院はかなり自由にサーバー構築ができているようでうらやましい限りです(^^)
Zaurus、Linuxというものを始めて全く経験のない我々ですがどうぞこれからもご指導よろしくお願い致します。

2005.06.06 23:47 URL | W #SFo5/nok [ 編集 ]













管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/36-8e0725b9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。