医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
PDAを買うかどうかを悩み始めてから購入まで4日、購入してから4日目。早いものだ…。なんとか今日の診療を使いたいと思っていたが、何冊か分はすでにkieにて変換が終了し、TTextReaderにて起動も確認。Linux zaurus SL-C3000の力を発揮するときがきたな。とりあえず導入した治療指針で速度を調べてみる。起動までにかかる時間がおよそ4~5秒、「マラリア」を検索するのにかかった時間が3秒。すごい…充分辞書として役に立つ範囲だよ。満足( ´θ`)ノふぉ
治療薬マニュアルはファイルサイズが大きかったためか、起動までおよそ15秒。ちょっと時間がかかったが、「インスリン」を検索するのにかかった時間が5秒ちょいってところかな?
どう考えるかは難しいが、個人的には許容範囲。
kieにしてもTTextReaderもかなり使えるな…。。
友人の力も多いに借りて、ついにPDLが使えるようになってきた
スポンサーサイト












管理者にだけ表示

トラックバックURL↓
http://zaurus.blog9.fc2.com/tb.php/11-d6b36df5

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。