医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
pdrugの最新版が更新されたようですので、これを元にpdrugをEPWING形式に変換し、
Linux Zaurusで使用する方法を再度書き留めておきたいと思います。
以前このサイトに書いた通りでは、うまくいかないかと思いますので、
多少方法が複雑にはなりますが、下記の「1行テキスト形式」経由での変換を推奨します。

まず、palm医薬(http://www5.ocn.ne.jp/~palm-med/)より
pdrugの最新版のPersonal Dictionary用(http://www5.ocn.ne.jp/~palm-med/pdrug62w.zip)
をダウンロードし、zip書庫を解凍します。
(解凍ソフトがわからない方は、+Lhacaが便利です)

ここでは、「pdrug」のデータが「C:¥pdrug62w」に存在するものと仮定して、話しを進めます。
まず、Personal Dictionary for Windowsをダウンロードし、適当なフォルダに置いて実行させます。
「Tools」→「辞書の変換」と進みます。

pdrug01
さらにEBStudioをダウンロードし、適当なフォルダに置いて実行させます。
転送元辞書は「PDIC形式」で場所は「C:¥pdrug62w¥pdrug62w.DIC」
転送先辞書は「1行テキスト形式」で場所は「C:¥pdrug62w¥pdrug62t.txt」とします。
これで「OK」を押せば1行テキスト形式でのpdrugが作成されます。

pdrug02
まず、基準ディレクトリを「C:¥pdrug62w」に設定します。
索引語ファイル、著作権ファイル、外字フォント、外字定義の指定は必要ありません。
出力先も「C:¥pdrug62w」に設定します。
そこで「書籍:catalog」のアイコンで右クリックし、「書籍の挿入」を選択。
pdrug03
書籍名称・書籍ディレクトリ名は、「pdrug」にし、OKボタンを押します。
pdrug04
さらに、pdrugというアイコンが作成されてますので、ここで再度右クリックし、「書籍の挿入」を選択。
pdrug05
入力ファイルを「C:¥pdrug62w¥pdrug62t.txt」、ファイル種別を「PDIC1行テキスト」にしてOKを押します。
pdrug06
「実行」ボタンを押して作成させれば、「CATALOGS」というファイルと「pdrug」というフォルダが「C:¥pdrug62w」に作成されます。

pdrug07
「CATALOGS」ファイルと「pdrug」があるフォルダを、
ザウルスの「hdd3/Documents/Dict/」フォルダに移動すれば「zten改」で使用可能になります。
この際、 「pdrug62w.DIC」や「pdrug62t.txt」はザウルスに移動する必要はありません。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。