医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
購入後はじめて現場で使う機会ができました。今までは外科の方で学んでいたため、ほとんど使用の機会がありませんでしたが、内科ではそれなりに活躍の場があります。
まだ、充分に電子カルテも普及していないところでは、メモとして書き残しまとめとして使うのにも役立ち、薬剤の使用方法の確認などにも使えます。
特に学生にとっては、レポートをその場で作れるというありがたい特典もあります。パソコンと連動させて使えば、価値があるのではないでしょうか?
それともし赤外線通信などでパソコンとサマリーの連動ができるシステムがあればさらに活躍の場が広がるような気がしています。
どうでしょうか?他に使用者の意見があれば教えてください。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。