医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
本日、外来診療にて始めて検索用にザウルスを実地使用しました。他の先生からの紹介の時に知らない薬が使われているとかなりの威力をはっきしました(あの太い治療薬マニュアルをもう引かなくてもいいわけすから・・・)。しかし9時からの外来で11時くらいに電池が切れてアウト○| ̄|_
デジタルはやはりこういう欠点がありますね。
昼休み中に必死で充電し、昼からの外来で再スタート。
勉強すべき事項もこれに打ち込み・・・φ(。_。*)メモメモ
後で紙に書かれた暗号にならなくてすみます(笑

しかし、アプリ間の移動にスタイラスを使うのが面倒だったので
何かいい方法はないかと思案したところ、神のようなプログラムがありました。アプリ間の移動にスタイラスを使うのが面倒だったのでKeyHelper Appletです。これを使うことにより「shift + home」でアプリ間の移動ができ(Windowsで言う「Alt+Tab」のショートカットと同義)さらにサクサク動くようになりました。設定ファイルを変更すればさらに細かなキー操作のカスタマイズが可能のようです。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。