医療とザウルス奮闘記~PDAの活用術

医療現場でのPDA(Personal Digital Assistance)利用法について紹介するサイトです。従来のPalm OS機(クリエ)ではなくLinux OS機(Linux Zaurus SLC-XXX)を使い、独自のアイデアを投稿していきたいと思っています。このサイトはリンクフリーです。相互リンクをご希望の方はコメント欄にその旨お願いしますm(_ _)m なお、このブログの詳しいまとめサイトを用意しています。初めてザウルスを導入される方は、最初にここを一読されのがオススメです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今までは、最初の辞書ファイルがcsv形式を想定していましたが、
タブ形式で区切られたファイルの場合は以下のスクリプトをお使いください。

convert1b.pl

後、一部のコンピュータの日本語変換システム(ATOK等)では今まで使っている辞書をそのまま使える場合もあるようです。Justsystem社のAtokの場合(当方ver.16、windows版を仮定して説明します)、タスクバーのアイコンから「辞書メンテナンス」→「辞書ユーティリティー」とすすみ、「一覧出力」のタブをクリックします。出力するATOK辞書に自家製の辞書セット等を選択し、実行ボタンを押せばタブ形式のファイルで出力出来るようです。
スポンサーサイト
今まで述べた方法では、辞書形式によってはどうしても同じエントリーが入ってしまうことがあります。
そのような場合、Filerepにて並び換えしたあと、以下のperlスクリプトにて重複を削除できます。

dblcut.pl

なお、今までblogにて公開してきたperlスクリプトは再配布・改変等自由に行っていただいて構いません。しかし、作者の許可を得ない段階での商用利用は(する人いないと思いますが)ご遠慮ください。
さて、ここまでくればもう山頂は目の前です。
「JISYO1」と「JISYO02」を1つのファイルに戻してあげましょう。結合にはやはりperlのスクリプトを使います。

combine.pl

を使って、二つのファイルから「staticdic」を創り出します。
この時、内蔵のstaticdicと重ねたいかたは、内蔵のファイルの後ろに新しくできたものをテキストエディタでコピー&ペーストするとよいでしょう(Windows付属のメモ帳でやるとパソコンが止まりそうになるのでここはやはりK2Editorがお勧めです)。

これで見事にstaticdicを作成できました。しかしこれでは使えません。何故でしょうか?
「辞書の並び替え」と「文字コードの変換」という問題が2つも残っているからです。

【辞書の並び換え】
前述のFilerepにDrag & Dropして、「変換」ボタンを押せばいけます。Perlで簡単なクイックソートをやっても良いでしょう。

【文字コードの変換】
K2Editorにて文字コードを変換します。「staticdic」ファイルをDrag & Dropした後、
「名前をつけて保存」
→「文字コードと改行を指定して保存」
→「文字コードはEUC、改行はLFにして保存」
でOKです。

こうしてできあがった正真正銘の「staticdic」を
Zaurus上の「/home/QtPalmtop/pobox/staticdic」と入れ替え、
本体を再起動すればOKです。
さて、その3では
「あ い う え お・・・・・」
を「a i u e o・・・」とローマ字に変換する方法を考えていきます。ここで素晴らしいソフトウェアであるRepl Aceの登場です。

さて、まず以下のような公式テーブルをcsvテキスト形式で用意します。
これを例にならってperlを用いてRepl Ace用の変換ファイルにしてしまいましょう(^^)

スクリプトはこれくらいでOKです(rplcnv.pl)。
これをkousiki.txtがあるフォルダにいれ、実行すると
「置換計画.rpl」というファイルが生成されます。

Repl Aceを実行して、「既存の置換計画を置換計画ファイルから読み込み」ボタンを押し、「置換計画.rpl」を選択します。そしておもむろに「JISYO1」ファイルをDrag & Dropして計画を「一括実行」すればなんと、JISYO1がローマ字に全て置き換わってしましました。もとのもバックアップがとられていて安心ですね!!
さて、前回に引き続き、医療単語変換ができるように奮闘します(笑

今回がこの山場というか、一番大事な辞書ファイルを作成しないといけません。さいわいにも。QPOBOXの辞書形式は・・・・

a 亜
ai 愛
ao 青
・・・・・

といったようにローマ字と読み方のTab区切りなので、わかりやすいのです。ただし、普通の辞書ファイルは左側はローマ字ではなく、ひらがなになっている例がほとんどと思いますので工夫が必要です。

医学辞書ファイルは以前たまたま購入した医学辞書にcsvファイル形式のがあったので、それを使うことにしました。他の形式のでもいいと思いますが、それ相応の変換は覚悟の上でやらないといけません・・・。他の日本語辞書はQPOBOX付属のstaticdicを使用しました。

仮に、元のファイル名をJISYO.csvとします。
エクセルでみるとこのようになっています。
この左と真ん中の2列を取り出して、右側の名詞は無視したいところです。

まず、以下のようなperlスクリプトを使って左側部分と、中央部分だけを抽出します
convert1.pl
このconvert1.plというわずか15行にも満たないスクリプトで、見事に「JISYO1」と「JISYO2」というファイルに分割されました。

のように2列しかない辞書ファイルのお使いの方はconvert1a.plの方をお使いください。
私達は、今回無謀にも無知の状態から、新しく日本語IMEをインストールし、医学辞書を導入して変換効率をあげるという方法に挑戦しました。結果は以下の通りです。

1)Active Perlのインストール
www.activestate.com
でperlというプログラミングウェアをwindowsにいれます。何故パールを使用したかというと、文字処理にすぐれており、簡単なスクリプトで用が足りるからです。

バージョンによってはjperlが必要な時もあるので取扱説明書はよくよんでください。

2)ツールの準備
パソコンに以下のツールを準備します。
【その1】文字連続変換ソフト
VectorにいってRepl Aceをダウンロード・インストールします。

【その2】文字列並べ換えソフト
またまたVectorにいって
文字列並べ替えソフトをダウンロードしてきます。

【その3】文字コード変換可能なテキストエディタ
ここでは優秀なフリーウェアである
K2Editorを使用させて頂きます。

【その4】ザウルス用IME~QPOBOX
付属のIMEとは違う変換方法の、QPOBOXを使用します。
作者様のページにいって、POBOXserverとQPOBOXをダウンロードしてきます。これはザウルスにそのままインストールすると良いでしょう。

これで下準備は完了です。
本日中古のcorega社のCFタイプ無線LANカード
「CG-WLCFL11」をゲットすることができました。
少しの設定だけで、ドライバーすら必要なく(SLC-3000の場合)
いいかんじでブログもザウルスから投稿してます。

Kmerlin.Sを導入すればメッセンジャーも使用可能で、ファイルの送信にも成功しました。

カードの製造会社一つでこんなにも違うのだなと実感しました。
中古で入手困難ではありますが、買って見る価値はあるでしょう。
IQNotesの最新バージョンが公開されていました。個人的にはまだ使ったことがないので医療の現場で役に立つどうか、コメントできません。もし、使ったことがある方がいればコメントよろしくお願いします。
LifeDriveが発売されたらしいが、SL-C300に対抗してかな?ただ、palmのが医療系に対応しているのでこちらのがいいかもしれないね。SL-C3000がもう少し皆に使い始めソフトが充実してくれたらいいのにな…
eDict Snapshot for Zaurusにて、zten改v135が正規版となったみたいです。いつもお世話になっているツールなだけにコメントとして残させて頂きました。
以前はztenv.confを書き換えることで辞書グループ名を変えましたが、実は検索条件設定からも変えることができました。
これならパソコンやザウルスに慣れていない方でもできると思います。
表をVGAサイズに特化させると見やすさが格段にアップします。
その1その2その3その4その5その6
今回は経口抗菌薬の適応疾患のみですが、ぼちぼち他のも作っていきたいと思います。

参考文献:抗菌薬ハンドブック2005、斉藤厚先生監修、第一製薬発行
電子医学ノートが入っていたら、かなり便利になるかもと思って導入してみたが、付属のブラウザは性能がよくなく、検索もままならないので使い勝手としてはいまいち。全部読むと思っているならば悪くはないが使えるレベルのものではないな…
データベースとして利用できる方法ないかな…
本日、外来診療にて始めて検索用にザウルスを実地使用しました。他の先生からの紹介の時に知らない薬が使われているとかなりの威力をはっきしました(あの太い治療薬マニュアルをもう引かなくてもいいわけすから・・・)。しかし9時からの外来で11時くらいに電池が切れてアウト○| ̄|_
デジタルはやはりこういう欠点がありますね。
昼休み中に必死で充電し、昼からの外来で再スタート。
勉強すべき事項もこれに打ち込み・・・φ(。_。*)メモメモ
後で紙に書かれた暗号にならなくてすみます(笑

しかし、アプリ間の移動にスタイラスを使うのが面倒だったので
何かいい方法はないかと思案したところ、神のようなプログラムがありました。アプリ間の移動にスタイラスを使うのが面倒だったのでKeyHelper Appletです。これを使うことにより「shift + home」でアプリ間の移動ができ(Windowsで言う「Alt+Tab」のショートカットと同義)さらにサクサク動くようになりました。設定ファイルを変更すればさらに細かなキー操作のカスタマイズが可能のようです。
Canada式 医学用語変換辞書をりなざうに導入したくて悪戦苦闘してみたが、どうにも理解できない…○十<バタッ
なにか名案はないものかとあれこれ相談もしてみたけど、いますぐ簡単にできそうな方法は見つからない。
OpenBSDなどをりなざうにインストールしたらできそうだけど…コマンド入力に全く慣れていないのにできるかどうか不明。これができれば…と思っていたけどちょっと厳しいな…
注!この操作はある程度パソコンorザウルスに慣れているかたのみお願いしますm(_ _)m。何が起こってもこちらでは一切責任が持てません。

「Zten改」を使用する時にどうしてもデフォルトの「ユーザー辞書1」とかは使いにくいものです。
そこで・・・。

1)ファイルランチャーか何かで(慣れている方ならターミナル→vi~で圧勝だろう)/home/zaurus/Settings に移動し
2)ztenv.confを開く(私はzeditorで開きました)
3)最後の行あたりの「GroupName0=辞書グループ0」など書いてあるところを適当に使いやすい名前にして保存
4)ザウルスを再起動
5)ztenvを起動して名前が変更されていることを確認

で名前が変えれました(^o^)
ザウルスを医療用に特化させましょう。

メニューから「設定」→「キー設定」にいきます。
ここで使いそうもない「アドレス帳」とか「メール」とかを
それぞれ「TTextReader」「Ztenv」へと関連づけします。

あとはそのボタンを押すだけ。
起動が体感倍以上です!(^o^)
すっかりうっかりしていたのですが、モノを買ったらまずファームウェアをアップデートというのが原則でした。

http://support.ezaurus.com/sl-c3000/update/c3000update/c3000update.asp

に従ってアップデートします。SDカード(32MB)がいるようです。miniSDの動作は確認未です(ジンチュウの人がいればまた報告します)。

問題なくアップデートされ、入れたプログラムも消されていないようでした。
店にてしかたなくこれしかなかったので
Planex社製のGW-CF11Xを購入したがこれがとんでもない代物であった。
Zaurusにsharp純正ドライバーを導入したが、うんともすんとも接続しない。
しかたなく有志のドライバーを入れてみると、一瞬つながるのだが、そうこうやっている間に今度はルーター本体が故障○| ̄|_

ルータ自体を買い直しになった。

IO-DATA社のCFタイプ無線カードは発売されているようなので、
Planexのやつは返品を考えている。二度と買わない予定である。
ザウルスの設定で、Qtopia(メニュー画面)に出ているアイコンのボタンをスタイラスで長押しすればプログラムの設定を変更できます。

あまり使わないような・・・
「カレンダー、アドレスリスト、・・・・」
の高速起動を外しメモリを確保、
その上でTtextReaderとZten改を高速起動させたところ
さらに使いやすくなりました。
変換辞書の登録を調べていたが、どうも意味がわからないことが多い。どうもLinuxザウルス開発メモ/IMKit-uim を詳しく読めば可能性があるのかもしれないけど、意味が分からないことが多くて挫折…まいったな…また次の機会だな○十<バタッ
とりあえず、EPWIMG式の辞書をZten改を使って検索をしていたが、付属ソフトのマルチメディア辞書にも関連づけをすることが可能みたいだね。これでも検索もできたわ。ただし、すでにZten改を導入した環境なのでできたのかもしれないからその辺りはご注意してくださいな。
その1

その2


抗菌薬のデータをとりあえず作ってみました。
どうもザウルスで一画面表示するにはしょうしょうきついかもしれません・・・。
今まですごく快適だったけど、TTextReaderはスタイラスにすると検索機能を使えない!!参ったな…(* ̄m ̄)プッ
まあ、開いてMenuを押したらいいだけだから、問題はないんだけどね。なにか良い方法があればいいが…もう少し検証しないといけないのかな?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。